• Home
  • イーサリアムノード(geth)をUbuntu 18.04で構築

イーサリアムノード(geth)をUbuntu 18.04で構築

Ethereumクライアント Geth(Go-Ethereum) を Ubuntu 18.04 へインストールした際の備忘録

●geth のインストール

1. Ethereum のレポジトリから geth をダウンロード/インストール

$ sudo add-apt-repository -y ppa:ethereum/ethereum
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y ethereum

2. インストール確認

$ geth --help

●supervisor による geth プロセスの自動起動化

1. supervisor のインストール

$ sudo apt-get install -y supervisor
$ sudo mkdir /var/log/supervisor/jobs

2. supervisor に geth プロセスを追加

$ sudo vi /etc/supervisor/conf.d/geth.conf

※ geth のパラメータは前述の geth help 参照

[program:Geth]
command=/usr/bin/geth --syncmode "fast" --trie-cache-gens=240 --maxpeers=100 --cache=2048 --rpc --rpcaddr 0.0.0.0 --rpcport 8545 --rpccorsdomain * --rpcapi eth,net,web3
user=root
autorestart=true
stdout_logfile=/var/log/supervisor/jobs/geth.log
stdout_logfile_maxbytes=1MB
stdout_logfile_backups=5
stdout_capture_maxbytes=1MB
redirect_stderr=true

3. supervisor を再起動し設定を反映

$ sudo supervisorctl reload

▼ Restarted supervisord

● geth の同期確認

1. geth で接続し同期開始の確認

$ geth attach http://localhost:8545
> eth.blockNumber
> web3.eth.syncing
> net.peerCount

同期中 :web3.eth.syncing でレスポンス、eth.blockNumber が 0
同期完了:web3.eth.syncing が false

ノード構築後、イーサリアムのウォレットを作るには、web3ライブラリを使用します。

ご相談・お見積もり

03-5207-2689