• Home
  • リップルクローンをUbuntu 18.04で構築

リップルクローンをUbuntu 18.04で構築

リップルノード(rippled)を Ubuntu 18.04 へ導入(バリデーター、トラッキング)

● rippled の導入

1. yum-utils のインストール
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install yum-utils alien

2. Ripple RPM repository の追加
$ sudo rpm -Uvh https://mirrors.ripple.com/ripple-repo-el7.rpm

3. Rippled のダウンロード
yumdownloader --enablerepo=ripple-stable --releasever=el7 rippled

4. Rippled パッケージの確認
$ sudo rpm --import https://mirrors.ripple.com/rpm/RPM-GPG-KEY-ripple-release && rpm -K rippled*.rpm

▼ rippled-**.rpm: digests signatures OK が表示される

5. Rippled パッケージのインストール
$ sudo rpm --import https://mirrors.ripple.com/rpm/RPM-GPG-KEY-ripple-release && rpm -K rippled*.rpm

6. バリデーターサーバー構築手順
※ バリデーターサーバーとする場合は当手順を実施。
※ 識別暗号化キー(バリデータノードキー)の作成
※ スタンドアロンモードで起動し、識別暗号化キーの作成(バリデーターサーバー台数繰り返す)

$ sudo -u rippled /opt/ripple/bin/rippled -a --start &
$ sudo -u rippled /opt/ripple/bin/rippled -q validation_create
$ sudo -u rippled /opt/ripple/bin/rippled stop

7. 設定ファイルの修正
$ sudo vi /opt/ripple/etc/rippled.cfg
$ sudo vi /opt/ripple/etc/validators.txt

8. rippled service の有効化
$ sudo systemctl enable rippled.service
$ sudo systemctl list-unit-files --type=service | grep rippled.service

▼ rippled.service enabled が表示される

9. rippled service の起動
$ sudo systemctl start rippled.service
$ sudo systemctl status rippled.service

10. rippled service の起動
$ /opt/ripple/bin/rippled server_info

プライベート環境では構築されたバリデーターサーバー同士での認証が行われます。


ご相談・お見積もり

03-5207-2689