• Home
  • ビットコインのUTXOとトランザクションの仕組み

ビットコインのUTXOとトランザクションの仕組み

過去、Bitcoinのトランザクションの流れ、送信(UTXO)の仕組みをそれぞれ記事にした。 今回はトランザクションとUTXOの仕組みをまとめ、その流れを記載する。

【参考】過去記事

トランザクションとUTXO

トランザクションには VIN(inputとなったトランザクション)を使用しVOUT(送信先アドレス)にいくら送信したか、という情報が記載されている。実際にどのUTXOが使用されたかと言う情報は、別途コマンドgetrawmempoolなどを用いて調べる必要がある。

この例で、 Tran abc*** からは

[VIN0 Tran123***のVOUT1]<=アドレスYにある>(UTXO_Y1)[VIN1 Tran456***のVOUT0]<=アドレスZにある>(UTXO_Z1UTXO_Z2)を使用し、

[VOUT0 アドレスAに送信](=UTXO_A1)[VOUT1 アドレスZに返金](=UTXO_Z3)
[VIN - VOUT を手数料として支払い]

を行ったという情報がわかる。

[]このトランザクションからわかること。
<>過去のトランザクションを調べてわかること。
()UTXOの流れを調べてわかること。

かなり複雑な仕組みに見えるが、Bitcoin のブロックチェーンを理解するためには重要な内容。

ご相談・お見積もり

03-5207-2689