• Home
  • イーサリアム初回接続先探索法

イーサリアム初回接続先探索法

P2P(Peer to Peer)で動作しているEthereumの初回接続先探索方法の調査結果をまとめる。

Peer発見方法

クライアントはネットワークに一度も接続したことがない場合、以下の手順によりP2Pネットワークに接続する。

  1. Bootstrapノード(※)が記載されたリスト(bootnodes.go)を参照し自動的にBootstrapノードに接続する
  2. Bootstrapノードが持つノードのリストを取得する
  3. 取得したノードリストを用いて他のノードに接続、同期する

他のノードに接続したクライアントは、以降Node Discovery Protocolを使用し他のノードを発見、接続することが可能となる。

 

※ Bootstrapノード(常に利用可能/オンラインであると想定されるノード)は以下の特徴を持つ

  • 一定期間つながっていたノードのリストを管理している
  • それ自身ではブロックチェーンを保持していない

ご相談・お見積もり

03-5207-2689