• Home
  • イーサリアムノード(geth)の1.9.5 での変更点

イーサリアムノード(geth)の1.9.5 での変更点

geth v1.9.3とv1.9.5での変更点をリリースノートをもとに記載。
geth v1.9.5はv1.9.4のリグレッションリリース。

特記事項

特になし

リリースノートの記載事項(1.9.4での変更)

geth v1.9.4は通常の問題の修正に加えて、Ropsten、Rinkeby、Görliテストネットワークのイスタンブールハードフォークブロック番号のロックを行う特別なメンテナンスリリース。

Improvements(改善点)
#19953
Accumulate state writes post-Byzantium and only push into the trie at block end
#20080,#20081,#20085
Smarter locking in the transaction pool to avoid some contention
Bugs fixed(修正されたバグ)
#20092
Fix a USB HID discovery regression on Windows
#20079
Various stability and balancing fixes for light servers
#20064
Fix some RLP decoding issues around nils for discv5
#20033
Expose the GraphQL port (8547) from our docker images
#20046
Fix GraphQL UI serving regression caused by gzip encoding
#20046
Fix GraphQL address type decoding to reject invalid strings
#20047
Fix P2P metric types so they work properly with Influx/Grafana

 

変更の詳細については、Geth 1.9.4 リリースマイルストーンを参照

リリースノートの記載事項(1.9.5での変更)

geth v1.9.5はマイナーコンポーネントによって無効な状態のブロックが作成されたv1.9.4でのリグレッションを修正するセキュリティクリティカルなリリース。

ご相談・お見積もり

03-5207-2689